時が止まる

 

 

 

 

大雪山旭岳の麓に幾本かの沢がある。中でも奥深く延びているピウケナイ沢を上がってみた。
大きな木々が沢の斜面にしがみつくように生えている。沢づたいに歩いていくと、エゾシカ、キタキツネ、エゾクロテン、キタイイズナ、
ネズミなどの足跡が見られた。シマエナガの小さな群れが餌を求めて飛び交っている。

青みを帯びた沢の流れを見ながら進んで行くと、行手に雪崩れの痕が数箇所。注意しながら1キロほど歩いたところで、巨大な柱状節理の壁が見えた。圧巻。それを右に回りこむと、時が止まったように氷ついた青い滝が現れた。

小林明弘

 

 

 

 

Leave a Reply