Archive for 7月, 2018

追い払う

霧の中、急降下しながら飛び込んで行ったのは、巣に近づく鳶。体の大きな相手に、なんども急旋回しながら爪をかけている。鳶はたまらず退散していった。

急降下

霧に覆われている牧草地。霧の中から現れたチゴハヤブサ。急降下しながら近づいてきた。羽でエアーブレーキをかけ、顔は獲物にロックオンされている。あっという間に小鳥を捉えて霧の中に消えていった。

狩り

牧草地の霧が晴れた。高速で飛んでくるチゴハヤブサを見つけた。鋭い爪で獲物をつかみ飛んできた。巣立ったばかりの小鳥は格好の獲物だ。

獲物を捕らえた

羽を乾かしていたチゴハヤブサが飛び立った。数分後、何かを捕まえて来て、枯れ木の上に止まる。よく見るとヒヨドリのようだ。

チゴハヤブサ

降り続いていた雨が止んだ。牧草地を通りかかると、枯れた木の上にチゴハヤブサを見つけた。濡れたナイフのような羽を乾かして狩りの準備をしている。

雨が弱まる

激しく降った雨で増水した沢。流木が岸に流れ着き散乱している。雨が弱まり沢の水が引き始めた。そんな中、エゾ鹿の群れが現れた。獣道が寸断されて、歩きやすい開けた場所を選んでやってきたようだ。

強まる雨

降り続く雨の中、キタキツネが現れた。今年生まれた子供のキツネだ。親と変わらない顔立ちだが、まだ幼さが残っている。 雨で餌が獲り辛くなってお腹がペコペコのようだ。草の中に隠れている虫などを探している。

降り止まない雨

10日ほど降り続く雨。森の中を歩いていると、苔の生す倒木の隙間からアカネズミが頻繁に出入りしている。雨で天敵のキツネや猛禽類の動が少ないので、安心して餌を探せるようだ。

勉強中

森の中を黒い鳥が飛び回っている。嘴が長く白っぽいので、カラスではない。近くに飛んできたのでよく見ると、クマゲラの子供だ。危険な事や餌の取り方を勉強してるところだ。