氷点下23度の朝


早朝。放射冷却で氷点下23度と冷え込む。モモンガ達が時間通りに現れた。冬毛の防寒着は、この程度の寒さはへっちゃらのようだ。

じっと待つ

DPP_0005744
嵐が治まった森の中。木の幹にじっとしているエゾモモンガを見つけた。そろそろ近くの巣から出てきるモモンガを待ってているようだ。

Winter storm


低気圧通過で、大荒れになる。森の様子を見に行くと、エゾモモンガが幹にしがみつき、風の弱まる頃合いを待っている。

氷点下30度

DPP_00057313
雪を踏みしめると、キュッキュッと鳴いた。まつ毛が白くなっているのが視界に入る。

氷点下25度

DPP_00057312
氷点下25度と冷え込んだ。空気中の水分が凍り、キラキラ光る。肌の出ている顔は、痛く感じる。

狩りに出かける

DPP_00057309
夕方。森に行く途中、雪原で寝ているキタキツネを見つけた。おもむろに起きあがると、体を伸ばしながら大あくび。狩りに出かける準備運動している。

モモンガ


1月に入ると、明るくなりだした森の中では、モモンガ達が巣に戻らず動こ回ってる。

謹賀新年

DPP_00057300
    
 明けましておめでとうございます。

冷え込んだ森の中

DPP_00057267
氷点下10度と冷え込んだ朝。森に入ると湿った雪が固まり、アイスバーンになった場所を気おつけながら歩いていると、木から木へ飛び移るエゾリスを見つけた。枝の雪が凍りついて滑りやすくなっている所を、いとも簡単に飛び移り走り抜けていく。

一気に積もる

DPP_00057266
雪が一気に積もった。森の様子を見に行くと、エゾリスが忙しそうに走り回っている。目の前の木の幹にやってきて、カチカチと威嚇する鳴き声を出した。秋の間、この幹の下に木の実を隠していたようだ。掘り起こすと木の実を咥えて走り去っていった。