秋色の牧草地

DPP_00028
森に向かう途中、秋色に染まる牧草地を通っていると若いキタキツネが狩りをしているところに出会う。子別れが済み独りで生きて行く。親から学んだ狩りや知恵を実戦で経験を積んでいく。

にぎ合うダム湖

DPP_00022
渡りの途中で羽を休めている鴨の群れ、オジロワシが飛び立つと一斉に飛び始めるる鴨の群れ。

ダム湖晩秋

DPP_00020
カモの群れが集まりだしたダム湖。カモを狙ってやって来たオジロワシ。渡りの中継地は賑やかになる。

南へ渡る

DPP_00017
霜が降りて−4℃。ダム湖にやって来たコガモの群れ。ここで羽を休めてさらに南へ渡っていく。

超大型台風21

DPP_00015
日本列島を縦断して来た、超大型台風21。ダム湖畔も吹雪になってきた。夏タイヤなのでゆっくり走るところへ、大きな雄鹿現れた。風を避ける森の中へ入っていった。

 晩秋の森

DPP_00014
ダム湖半の森の中は、落ち葉で埋め尽くされいる。歩くとガサガサと大きな音が立つ。コツコツと小気味の良い音が聞こえてこた。アカゲラが餌を探して木の幹をつついていいる。

すかり冬毛

DPP_0032
早朝。ダム湖の林道を歩いていると、2頭のエゾシカに出会う。1頭はまだ小さいので今年生まれた子供だ。これからやって来る冬は初めたてだ。

ミサゴの若鳥

DPP_0031
ダム湖の水位が下がり魚を捕りにやってきた若いミサゴ。狙いをつけて水面に向かっていく。

紅葉が始まるダム湖畔

DPP_0029
早朝、霧がはれだした。色づき始めた木々の葉。ミサゴが停空飛翔している。農業用水に使われていた水が抜かれ、浅瀬が出来て魚が捕りやすくなったようだ。

実りの秋

DPP_0027
大雪山に雪が降り冬の気配が近づいてい来た。森を歩いているとヤマブドウの総が熟し始めた。平地でも秋色に染まり始めている。