‘小動物昆虫など’ Archive

早朝の牧草地

早朝。牧草地脇の道路でキタキツネに出会う。キツネは早足で藪の中に入って行く。口にはトカゲやネズミが咥えらえている。お腹を空かした子ギツネに運んでいくところだ。

気温が上がる

気温が上がり汗ばんできた。牧草地の中でうずくまるキタキツネを見つけた。子育て真っ最中だが、暑さをしのぐため草地で腹ばいになり体温調整しながら、ちょっと一休みのようだ。

静かな湖畔

早朝のダム湖に行ってみた。まだ気温が低いので、エゾハルゼミが鳴かないので静かだ。遊歩道の岸辺にカルガモを見つけた。 驚いて飛び上がるカルガモ。カモ仲間は助走をつけて飛び上がるものと、ヘリコプターのように垂直に飛び上がるも […]

朝露

朝露に光る牧草地。草の中から飛び出してきたホオジロを見つけた。夜通し抱卵していたようだ。朝露で濡れた羽の手入れを始めた。

森の沢

所々にまだ雪が残っている沢。流れる水の音が心地よく響く。雪が解けたばかりの場所に、シマリスが現れた。昨年秋の草木の実を、枯れた落ち葉の中から探している。

気温が上がると

気温が上がり虫たちの動きが活発になると、それに合わせたように小鳥たちの動きも活発になってきた。目の前をキビタキが虫を捉えに飛び回る姿が、踊っているように見える。

紅色

早朝。森の中で、ベニマシコを見つけた。枝先に止まり嘴を器用に使い、開き始めた芽をついばんでいる。鮮やかな紅色が、春紅葉に溶け込んでいる。

縄張り争い

ニュウナイスズメのオスが林道のカーブミラーの前で威嚇しながら飛び回っている。繁殖期だからミラーに映った自分の姿を、縄張りに入って来たと勘違いしている。

何をしているのかな?

早朝。森の草地で地味な鳥を見つけた。ヤマシギだ。飛び去ることなく、しきりに羽を震わせている。怪我をしている様子もない。近くに巣があるのかも知れない。

寒い朝

早朝の気温は5℃と冷え込む。日が差し込み明るくなった森の中で、南から渡ってきたばかりのキビタキを見つけた。繁殖期を迎え一際綺麗に見える。これから子育てに追われ、忙しい日々がやってくる。